■注文書ダウンロード(PDF)
■注文書の記入例


●規定のデジタルデータでプリント柄を入稿いただければプリント代(生地代含む)以外は必要ありません。 規定のデータ形式でない場合は、別途データ製作費が必要になります。
●弊社でもデータ作成をお手伝い致しますが別料金になります(スキャニング・送り付けなど)。
データ作成の難易度により料金が異なりますのでお問い合わせ下さい。

形式 TIFF、JPEG、BMPで保存したデータでご入稿ください。
Photoshop(CS以下)で読み込み可能なデータで製作してください。
Win、Macのどちらでも対応可能です。(なるべく統合されたデータでご入稿下さい
解像度 120〜240dpi(弊社推奨180dpi
いずれの出力モードをご指定の場合もこの解像度でご製作下さい。
入稿方法 ・eメールにて送信。
・メディア(CD-R推奨)で弊社へお送り下さい。 →送付先はこちら
※メディアは原則プリント生地と共にご返却しますが、万が一紛失・破損等があった場合責任を負いかねます。USBメモリ等高価なメディアはトラブルの原因となるためお勧めしません。
・大容量ファイル送信サービスを利用する。 →google検索へ
・ご自身のサーバーへアップロードしていただき、URLをメールでお知らせ下さい。

※この際、オーダーシートを添付・同封、またはFAXしてください。
 メールにてオーダーシートにある項目をお知らせ頂いても結構です。
(記入漏れがないようご注意ください。)

※データおよびオーダーシートが到着し、問題なければ弊社よりメールにて御注文請書をお送りします。その段階でオーダー完了となります。
※弊社からは基本的にメールにてご連絡致しますのでご確認お願い致します。





送り柄 

一定のパターンが繰り返される、総柄の生地をプリントする時に用いられます
生地の巾いっぱいに、ご指定のメートル分プリントします。(顔料の場合は両縁1〜2p程度余白ができます。)
・送りがついた、ワンピッチ分のデータをお送り下さい。
・データのサイズは、縦横の比率・全体のサイズ共にに制限はありません。

●ステップについて●
ステップとは・・・
ワンピッチ分の柄を生地一面にリピートする際の、繰り返し方の種類です。
ノーマル、縦・横それぞれ1/2、1/3、1/4に対応しています。

【ノーマル】・・・そのままの状態でパターンが四方に繰り返されます。
【横1/2】・・・レンガ状に横の列が1/2ずつ互い違いになって繰り返されます。
【縦1/2】・・・縦の列が1/2ずつ互い違いになって繰り返されます。


■1/3・1/4ではそれぞれの割合分ずつズレてリピートされます。

パネル柄

繰り返しのパターンがなくコースター・クッションなど、商品の形を前提に一枚の絵になっている柄を指します。縦、横に配列コピーをしてプリントします。
「生地巾×ご希望のメートル数」 の範囲内にご自由にレイアウトすることも可能です。


例1】155巾の生地で、縦12センチ×横12センチのデータを複数枚分プリントする場合。

・生地の巾が155センチの場合、横幅12センチのデータは横に12枚並べることができます。
 そのまま縦にご注文のメートル数、または枚数分プリントします。
この場合、一枚分のデータを入稿してください。
※こちらでトンボをつけることは基本的にありません。プリント後の加工で必要な場合はトンボをつけたデータを入稿し、その旨をお伝え下さい。

  


【例2】それぞれのパーツの必要枚数が少ない。自由にレイアウトしたい。

・生地巾×ご注文メートル数の大きさのデータの中にご自由にレイアウトしたデータをお送り下さい。
生地の巾はご指定の生地により異なります。生地リストにてご確認下さい。
※その際、両端1〜2センチ程度余裕を持ったサイズで製作してください。(ex.生地巾155センチ→データ横幅153〜151センチ程度)





Copyright(C) 1999-2008 MARUJU Co. Ltd  ホームサイトマップコンタクト|